あまり痛くない!そんなに高くない!多くの女性が損をしないで全身脱毛出来ちゃいます

しつこく勧誘された時の対処法

脱毛サロンやエステでしつこく勧誘された時には、どのように対処したら良いと思いますか?

 

お試し体験コースや割引キャンペーンなどで、脱毛サロンに一度来店すると、しつこく勧誘されることがあり、断り切れなくて高い契約をさせられてしまったという話も聞きます。
脱毛サロン側も安い価格で来店してもらい、それをきっかけに通ってもらいたいというのが本音のところです。

 

そのための割引価格ですから、ある程度の勧誘は仕方のないことでもあります。
中には安い価格で客寄せをして、強引に契約を迫るというサロンも存在しているようです。

 

しつこい勧誘に対する一番の対処法は、強い口調でハッキリと断ることです。

 

なかなか解放してくれないからと言って、曖昧な態度でうやむやにしてその場を離れると、電話などでしつこい勧誘をされてしまいます。

 

ここにはもう来ないんだからと言うくらいの意気込みで、時には厳しい口調でしっかりと断りましょう。

 

金銭的な余裕がない等の理由を述べる必要は無く、契約したくないという気持ちを伝えるだけでいいんです。

 

もし、気が弱くて言えないようなら、家族に相談しなければ、一人では決められないとその場を逃げましょう。

 

電話で勧誘されるのもわずらわしいものですが、それは家族に断ってもらったり電話の着信拒否にするといった方法もあります。

 

その場でキッパリ断って、それ以上の勧誘を受けないというのが理想ですが、性格的に難しい時には、とにかくその場では結論を出さずに帰るようにしてください。

脱毛サロンのクーリングオフについて

脱毛サロンの無料カウンセリングを受けて、そのまま強引に契約させられてしまうケースも少なくありません。

 

この場合、クーリングオフはできるかどうか不安に思うところですが、クーリングオフは可能です。

 

クーリングオフの条件は以下の通り

  • 契約日から8日以内
  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約金額が5万円以上

 

これらの条件に該当すれば、脱毛サロンでのクーリングオフは成立します。

 

クーリングオフしたい場合には、解約したい旨が書かれた書類を脱毛サロンに送りましょう。

 

ここで重要なのが、8日以内に送るということです。

 

契約して8日を過ぎてしまうと、クーリングオフが適用されないので注意してください。

 

また、脱毛サロンはクーリングオフできますが、医療クリニックでの脱毛の場合はクーリングオフが適用されないため要相談となります。

 

クーリングオフを行うような事態にならないためにも、安易に契約するのは止めましょう。


全身脱毛 短期間 全身脱毛 コスパ 月額制 全身脱毛 痛くない医療脱毛 vio脱毛 医療