意外と脱毛の痛みを感じないのが背中です

短期間 脱毛 ランキング

ストラッシュ 脱毛 早い最新の国産マシンSHRを導入し、最速6ヶ月での短期完了脱毛を提供
最速6ヶ月!全身脱毛専門店【STLASSH(ストラッシュ)】
ストラッシュ 全身61箇所の全身脱毛月額7,980円がメインプランになります。
  • 新理論SHR(スーパーヘアリムーバル)により最短6ヶ月での脱毛完了が可能に!
  • スタッフは8割が経験者を採用
  • 料金も月額だけではなくわかりやすい「都度払い」も用意!
  • おでこ脱毛や、眉間脱毛などのメニューも用意!
  • 2016年1月にオープンの脱毛サロン
  • 女性専用の全身脱毛専門店

どこよりも早く!どこよりも安く!脱毛したい方は

↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓
ストラッシュ
脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
最新理論SHR脱毛 最短6ヶ月 日焼け・産毛・金髪OK

ラ・ヴォーグ 脱毛 早い脱毛が早くて安い ラ・ヴォーグ 最短でつるつるお肌に
半年で全身ツルスベに仕上がる!ラ・ヴォーグ
脱毛サロン ラ・ヴォーグ ラ・ヴォーグなら、最短2週間に1回の施術が可能!
  • 最短6ヶ月!脱毛完了までが早い
  • 月額3,200円!料金が安くコスパがいい!
  • 回数を重ねるほど毛が薄くなっていくとも言われています
最新バージョンの脱毛機が早くて安い脱毛を可能にしています
早く終わる 脱毛
脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
LVSとシルキーライトⅡの2種類 最短6ヶ月 月額3200円 ⇒ 4ヶ月0円

脱毛ラボ スピード脱毛スピードコースなら半年~1年で終わる
全身脱毛でも半年で終わる 脱毛ラボ
早く終わる 脱毛 最短2週間に1回の脱毛が可能! 通常でも1ヶ月に1回通えるから早く終わる!
  • 脱毛料金:59,880円(通年料金)
  • 脱無部位:VIO・顔含む全身48箇所
  • 脱毛回数:半年~1年で完了
  • 脱毛方法:S.S.C美容脱毛
  • 支払方法:月額制 4,990円
  • メリット:国内外82店舗(予約が取りやすい)
早く終わる 脱毛
脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
SSCスピード脱毛 半年~1年 コスパ№1の脱毛サロン

シースリー 脱毛短期間全身脱毛最速45分!
脱毛エステ シースリー
早く終わる 脱毛 全身脱毛が月額7,000円でできる、業界最安値の料金設定が人気の脱毛サロン 脱毛品質保証発行サロン 日本で初めて脱毛の完了と仕上がりを保証!
  • 脱毛料金:納得いくまで通える
  • 脱無部位:全身まるごと53ヶ所
  • 脱毛回数:回数制限なし
  • 脱毛方法:超光速GTR脱毛
  • 支払方法:月額7,000円(税込)
  • メリット:契約期間切れ無しの生涯保証
早く終わる 脱毛サロン
脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
超光速GTR脱毛 約1年(5回) 脱毛品質保証書発行で無償メンテナンス

レーザー脱毛で痛い部位とは

女性でムダ毛の多い方は、マメに脱毛処理をしていると思いますが、場所によっては痛みを強く感じるところもありますよね。
私もムダ毛が多いほうなので、ムダ毛のない人がうらやましく思います。
そもそもムダ毛が薄い人やほとんど目立たない人は、脱毛することもないですし、脱毛するとしても脇くらいでしょう。
ですが、私のように割と毛深い場合、脇だけではなく、腕や足や、指、顔など、体中の脱毛をマメにしなければならないので、本当に面倒です。
カミソリを使うと剃ったときはよいのですが、生えてきたときにチクチクしてくるので嫌ですし、毛抜きは場所によって痛みを感じますし、第一、面倒です。
クリニックで医療用レーザー脱毛や、サロンでの脱毛施術など、プロの施術を受ける場合も、痛みがないとは言えません。
レーザーの威力が強く、効果が高いレーザー脱毛は、やはりそれなりに痛みが伴うようです。
最新のマシーンですと、痛さを軽減しているものもありますが、それでも全く無痛というわけにはいかないでしょう。
どの脱毛方法をとっても「痛み」の不安は多くの方が持っていますので、どの部位が痛みを感じやすいのかをまとめてみました。
まず、わきの下ですが、脱毛を希望する際、最も多くの方が脇の脱毛を選んでいます。
わき毛が見えたら女性としてはとても恥ずかしいですから、ここだけはきれいにしておきたいという女性が多いのでしょうね。
脇の脱毛は、サロンのフラッシュ脱毛でしたら、だいたいの方が耐えられる痛みだと言われています。

脇は、レーザー脱毛するにも狭い部位なので、ちょっと我慢すればすぐに終わってしまいますし、広い部分と比べたら脱毛しやすいでしょう。
また、脇毛を毛抜きで抜いている方も多いですから、痛みに慣れている方がほとんどだと思います。
そして、それほど痛みを感じないといわれているのが、腕や足です。
レーザー脱毛をする際、広い面積なので時間はかかりますが、脇と同様に我慢できるくらいの痛みでしょう。
では、一番、痛みを感じるのはどこかと言えば、やはり、デリケートゾーンだと思います。
Vライン、Iライン、そしてOラインは、皮膚のなかでも粘膜に近い部分ですから、痛みを感じやすいですし、濃い毛が密集しているので、レーザー脱毛以外でも痛みが強いところでしょう。
一般に痛みが大きいとされているのは、レーザー脱毛やニードル脱毛で、それと比べてやや痛みが弱いのがフラッシュ脱毛です。
このようなデリケートな部分をニードル脱毛するということはおすすめできませんし、レーザー脱毛でもあまりの痛さに途中でやめてしまう方もいらっしゃいます。
VIO脱毛を考えている方で、効果の高いレーザー脱毛をするのでしたら、痛みに耐える覚悟が必要です。
また、顔もとても痛い部位で、鼻の下などは、痛みが強いと言われています。
自分は痛みに弱く、レーザー脱毛の痛みに耐えられないと思うなら、フラッシュ脱毛にしたほうが無難でしょう。
うぶ毛ひとつない、ピカピカな顔に憧れますが、きれいな肌をキープするためには大変ですね。
そして、意外と脱毛の痛みを感じないのが背中です。

レーザー脱毛をするにも、時間がかかるのが背中などの広い部位ですが、時間がかかっても痛みが大きくないのでストレスもなく脱毛できる方が多いです。
なかにはリラックスして眠ってしまう方もいます。
痛みの感じ方はひとそれぞれですし、毛が密集しているところも痛みを感じやすいそうですから、人によっては、足の甲が痛かったとか、ひざが痛かったという口コミも見られます。
また、うなじの脱毛が痛かったという話も聞きます。
レーザー脱毛は一度で終わるわけではありませんから、痛みが強かった部位を何度もレーザー脱毛することは大きなストレスですよね。
人によっては恐怖を感じてしまう方もいらっしゃるようですから、耐えられない痛みの場合は我慢せず、スタッフさんに伝えましょう。
クリニックでしたら麻酔クリームなどで対処し、痛みを軽減してくれますし、サロンでも照射レベルを調整してくれます。
また、冷却をしっかりとしてから脱毛すれば、痛みも軽減しますし、場合によってはサロンやクリニックを変えて、別の脱毛マシーンでトライすることもできます。
レーザー脱毛は、照射レベルが高ければ脱毛の効果も高くなりますから、しっかりと脱毛したければ我慢することも時には必要ですが、トラウマになるほどの痛みに耐えることはないでしょう。
全身脱毛したければ、何回も通うことになりますから、その分、スタッフさんとの信頼関係が作れて、何でも話しやすい環境で脱毛を行なうことも大切です。
ムダ毛処理は、自己処理をずっと続けていると、肌が黒ずむなどの色素沈着や、肌ダメージも大きくなりますので「レーザー脱毛をする」と決意したからには最後までやり通していただきたいです。

ハイジニーナ脱毛と痛み

ハイジニーナ脱毛は海外では、当たり前の脱毛となっていますが、日本ではまだまだ普及していないようです。
ですが、「私はハイジニーナ脱毛をしている」と公言していないだけで、もしかしたら、実は施術を受けている女性も身近にいるのかもしれません。
ハイジニーナは、しもの毛をすべて脱毛してしまうことです。
もちろん、脱毛には痛みが伴いますが、痛みに耐え、処理を完了してしまえば、その後はお手入れも楽になるでしょう。
アンダーヘアがない状態は、見た目だけではなく、陰部を清潔に保つためにも良いそうです。
アンダーヘアがまったくなくつるつるの状態は日本人では珍しいので、温泉など公共場で肌になるときはちょっとためらってしまうかもしれません。
また、パートナーとのプライベートタイムに驚かれないように、相手の理解も必要でしょう。
ですが、ハイジニーナにすることで、水着やセクシーな下着でも毛がはみ出ることなく、安心して着ることができますし、生理中のムレもなくなるそうで、メリットはたくさんあるようです。
脱毛サロンや、専門のクリニックでは、レーザー脱毛によってアンダーへアをすべてなくすコースも流行っています。
一般には「VIOライン」と呼ばれるもので、レーザー脱毛などでは、これらがセットでコースになり「ハイジニーナコース」などと名づけられています。
ハイジニーナを検討されている方は、脱毛サロンやエステなどで、フラッシュ脱毛を選ぶか、クリニックでの医療レーザー脱毛を選ぶか、ここが悩みどころだと思います。

フラッシュ脱毛はやや痛みの弱い方法だと言われています。
医療機関ではなく脱毛サロンやエステでも、受けられる手軽な脱毛方法です。
「ちょっと熱いかな」と言う程度の痛みで済む方もいらっしゃいますし、刺激としては少ない脱毛方法でしょう。
ハイジニーナには、デリケートゾーンの脱毛が続くわけですから、少しでも痛みが少ない方法を選びたければ、フラッシュ脱毛がおすすめです。
脱毛処理をした後、肌ダメージや、黒ずみなどを心配する方もいらっしゃいますが、ジェルなどでしっかりとケアもしてくれるので大丈夫です。
フラッシュ脱毛は、広い範囲への照射ができるので、サロンに通っても一回あたりの時間が短くて済みます。
そして、クリニックでの医療レーザー脱毛より安いところも大きなメリットでしょう。
メリットも多いフラッシュ脱毛ですが、肌に優しく、痛みも弱い脱毛方法ですから、威力は強いものではありません。
照射の威力はレーザー脱毛のほうが強いですから、しっかりとした脱毛効果を求める方、予算に余裕がある方は、医療機関でのレーザー脱毛のほうがよいでしょう。
フラッシュ脱毛も人によって通う回数には開きがあります。
毛が濃い方、太い方、多い方などは、多く通うことになりますので、その分、費用がかかる場合もあります。
クリニックなど、医療機関だけで受けられる医療レーザー脱毛は、かなりの威力があります。
高出力レーザーのため、脱毛に通う回数も少ないことがメリットです。

医療機関での脱毛でしたら、肌トラブルなど何か問題が起きたときもすぐに対処してもらえますので安心でしょう。
デメリットとしては、フラッシュ脱毛より痛みが大きいこと、脱毛サロンなどと比較して、脱毛料金が高くなることです。
施術時にどれだけの痛みがあるのか、不安に感じている方も多いと思いますが、ハイジニーナ脱毛となると、かなり敏感な場所ですから、他の場所と比べ物にならないくらいの痛みは覚悟しておいたほうがよさそうです。
人によっては「激痛に耐えられず途中でやめた」という方もいます。
レーザーを照射する度に「のけぞるほどの痛みがあった」とか「痛くてじっとしていられなかった」という口コミも見ますので相当の痛みがあると思っておきましょう。
照射の瞬間も激痛が走るようですが、その後も熱を持ったり、発疹があったりと、様々なことが考えられます
ですから、肌が敏感な方や、痛みに弱い方は、ハイジニーナのレーザー脱毛はやめておいたほうがよいと思います。
忙しくて何度も脱毛に通えない方、スピーディーに終わらせたい方、かつ、費用が高くても大丈夫な方、そして、激痛に耐えられる方でしたら、クリニックでのレーザー脱毛がよいでしょう。
もっとダメなことは、脱毛をスタートさせて途中で挫折しまうことです。
脱毛の基本コースのほかに様々なオプションがついて結果的に高くなり、費用面で苦しくなるケースもありますし、痛みが我慢できずに脱毛をストップしてしまう方もいます。
せっかく脱毛する気持ちになったのに、このような結果では、残念ですから、最後までやり遂げられる方法を選んでほしいと思います。