脱毛が短期間で完了!医療レーザー脱毛はわずか数回の照射で終わる

脱毛が短期間で終わる脱毛サロン

面倒な脱毛を短期間で早く終わりにしたい方におススメの脱毛サロンを紹介!

 

脱毛が早いだけじゃない!
脱毛効果も高く料金も安いので、全身脱毛も半年で終わっちゃいます。

 

最短で煩わしいムダ毛処理から解放される脱毛サロンです

 

 

 

KM新宿クリニック 脱毛 早い最短4ヶ月! 年中無休!最新レーザー脱毛
脱毛最短4ヶ月で完了のKM新宿クリニック
脱毛 早く終わる 業界最速!産毛に反応するからお肌すべすべに!

脱毛完了までの期間が断然早い! 施術回数にして5回~8回で完了!

  • 業界最速で痛くない!次世代型医療脱毛レーザー!完了まで最短4カ月。
  • 最新理論の脱毛法で圧倒的な早さと痛み軽減を実現した、ハヤブサ脱毛。
  • 産毛も日焼けもOK!肌に優しい上に、毛周期に関係なく脱毛可能。
  • 早い。痛くない。期間も短い。
  • 最新医療レーザー脱毛を全身5回を30万円、両わき5回を1万円とリーズナブルに提供

早く終わる 脱毛

脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
最新医療レーザーHAYABUSA脱毛 最短4ヶ月 痛みレスの永久脱毛

 

リゼクリニック 脱毛 早い通いやすさ№1の医療脱毛クリニック
働く女性、忙しい女性に人気のリゼクリニック
医療レーザー脱毛 リゼクリニック 医療脱毛なのに手軽に通えて安心なのが人気の秘密
  • 予約キャンセル料・剃毛料など一切なし
  • コース途中の解約OK
  • 予約が取りやすいクリニック作り

これまでの医療脱毛の
1/3の照射期間で脱毛できるリゼクリニックなら

  • 照射3回でムダ毛のお手入れほぼ完了!
  • 照射5回でツルスベお肌が手に入る

早く終わる 脱毛

脱毛方法 脱毛回数 サロンの特徴
医療レーザー脱毛 5回 予約キャンセル料・剃毛料一切なし

 

全身 医療 脱毛 安い脱毛サロンと変わらない金額で医療脱毛ができる!
最短8ヶ月で永久脱毛が完了!レジーナクリニック
レジーナクリニック 全身26箇所の医療脱毛が月々5,800円でOK!
  • 3つの日本初を取得した医療脱毛器!【ジェントルレーズプロ】を導入!
  • 平日は21時まで営業!しかも年中無休なので通いやすい!
  • 独自の予約管理システムだから予約が取りやすい!
  • 問診でしっかり肌質・毛質をチェック!オーダーメイドで脱毛プランを提案します!
  • 脱毛料金以外追加費用は無し!

1箇所あたり 7,300円で永久脱毛したい方は

↓↓↓↓こちらをクリック↓↓↓↓
レジーナクリニック

脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
日本初の新医療機器レーザー脱毛 最短8ヶ月 1箇所あたり 7,300円で永久脱毛

 

湘南美容外科クリニック 脱毛短期間効果の高いレーザー脱毛でも低料金の湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック 根こそぎレーザー脱毛
メディカルエステわき無制限 確実で安心な脱毛をしたい方に人気が高い!

顔から足先まで全身ムダ毛なしの完璧ツルツル肌へ

  • 医療脱毛で全身どの部位でも脱毛可能!
  • 初診料・再診料0円!表示価格以外一切不要!
  • 安心返金保証システム・解約手数料なし

湘南美容外科クリニック 根こそぎレーザー脱毛なら
短期間で確実にムダ毛とさよならできます

 

早く終わる 医療脱毛

脱毛方法 脱毛回数 サロンの特徴
医療レーザー脱毛 5~6回 脱毛実績150万件以上

 

渋谷美容外科クリニック 脱毛短期間渋クリなら短期間で確実に脱毛出来ます!
17年間愛され続ける 渋谷美容外科クリニック
医療レーザー脱毛 渋谷美容外科クリニック 1回目の効果が大きい渋クリのスゴ技医療脱毛

照射する度につるつる期間が長くなる!

  • 照射3回で:ムダ毛お手入れほぼ終了!
  • 照射5回で:脱毛完了!ツルツルお肌の出来上がり
  • 23時までOK:遅くまでやっているので予約が取りやすい

渋クリの月額プランなら
学生や主婦(パート)の方でも安心して始められます

 

早く終わる 医療脱毛

脱毛方法 脱毛期間 サロンの特徴
医療レーザー スゴ技医療脱毛 最短4ヶ月 渋クリだけの0円メニュー

脱毛を短期間で終わらせたいならレーザー脱毛がおすすめ

脱毛 期間

脱毛を短期間で終わらせたいなら、迷わず医療機関のレーザー脱毛ですね。

 

レーザー脱毛は、まだ歴史が浅く永久脱毛とは呼べませんが効果は高いです。

 

エステの脱毛は、正確には脱毛では無いって言います。

 

なぜなら脱毛は医療行為なので、エステでの脱毛行為は禁止されているからだそうです。

 

一般的な回数で比較すると、クリニックのレーザー脱毛1回分は、エステの光脱毛の2~3回分となります。

 

もちろん部位によっても個人差があるので、絶対そうとは言い切れませんが、クリニックのレーザー脱毛なら4~10回で1~2年で完了。

 

エステの光脱毛なら12~18回の施術で2~3年で完了となります。

生えなくしたいのか薄くしたいのかでも変わります

脱毛 短期間

VIOと脇は短期間で、腕、足は時間をかけてもいいので安く脱毛したい方が多いようです。

 

エステや脱毛サロンで「脱毛」と言っているのは、厳密にいうと「一時的な減毛」なので通うのを止めると徐々にムダ毛が生えてくる可能性が非常に高いです。

 

実際にエステで契約した後で脱毛ではない事を知って、医療レーザーに切り替える人も多いようです。

 

やっぱり、脱毛したいなら医療機関じゃないとダメという事になります。

 

しかし、多くの人がその事実を知っていてもエステに通うのは単純に金額が安いからです。

 

エステと比較すると、レーザー脱毛は高いので、そこをクリアできるならレーザー脱毛の方が絶対にいいと思います。

 

後は、組み合わせるのもいいと思います。

 

医療期間のレーザー脱毛では、短期間で完全にツルツルになるまで脱毛したい箇所(ワキやVIO)をやり、自己処理が楽になる程度でOK、毛が薄くなったり少なくなる程度でもいいという箇所はエステの脱毛と使い分けている人もいるようです。

脱毛サロンに通っていてもより早く終わらすことが出来る方法

脱毛サロンに通っていても、もっと早く終わらすことが出来る方法を紹介します。

 

そのある方法とは「家庭用脱毛器で自己処理も行う」という方法です。

 

家庭用脱毛器はサロンで使用される脱毛機器よりも効果は低いですが、何回もできるのでその場しのぎには十分通用します。

 

いくら毛の周期に合わせて施術を行わなければならないからといって、その期間に毛の量が戻ってしまっては元も子もありません。

 

上手に家庭用脱毛器を利用しましょう。

 

ただ、脱毛器であれば何でも良いのかというとそうではありません。
おすすめは「電気シェーバー」です。
施術期間中に毛抜きなどの自己処理を行うと、毛周期がズレて、より時間がかかってしまいます。
肌への負担が少ない電気シェーバーを使用するようにしてください。

 

施術期間が長い脱毛サロンも、家庭用脱毛器をうまく利用することで簡単に終わらせることができます。
施術完了までに夏が過ぎてしまう!という方は、ぜひ利用してください。

 

そこで、おすすめするのは「ケノン脱毛器」です。

 

ケノン脱毛器は家庭用脱毛器で自宅でいつでも行えるため、脱毛サロンに通っている暇がないという方にもぴったりの商品です。

 

ケノン脱毛器は照射口が業界最大で、短期間で済ませることができます。
またコスパもよく、1ショット0.15円という破格。
これ以上に低コストな商品もありません。
本体価格に気を取られがちですが、購入後のコスパもチェックしなければ逆に高くついてしまいます。

 

ケノン脱毛器はエステで使用されている「フラッシュ式脱毛器」と同じなので、効果は折り紙つき。
エステとほぼ同様の効果を得られます。

 

効果、値段、使い心地、期間において、全てに優れているケノン脱毛器


短期間 脱毛

短期間で脱毛するポイント

本来時間をかけて行う脱毛を短期間で済ませるには、あるポイントがあるんです。
逆に言えば、このポイントを抑えていなければ短期間の脱毛は難しいので気をつけてくださいね。

 

あるポイントとは「保湿」です。

 

実は、脱毛と保湿は切っても切り離せられない関係にあります。

 

保湿をしっかり行っていないと、いわゆる乾燥肌になりますよね。

 

乾燥肌は施術後、毛穴が開いた状態のため痛みや炎症を引き起こしやすく、酷い場合は脱毛をすることができない事態に陥ってしまうのです。

 

潤いを保った肌で脱毛をすると、施術の際の光が浸透しやすいため、より高い脱毛効果を得られます。

 

また、乾燥肌と違って痛みや炎症も起きにくいため、保湿をしていて損はありません。

 

「毎度の保湿ケアが面倒」と言って怠っていては、のちのち自分自身に返ってきます。

 

 

脱毛が短期間で終わるサロンの選び方

 

短期間で脱毛が終わる脱毛サロンを選ぶポイントを紹介

 

通常の施術期間よりも早く終えることが出来る脱毛サロンの特徴を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・予約の取りやすいサロン

  • 人気のサロンだと、予約をしても何ヶ月か先になることがしばしばあります。
  • 全国展開しているサロンの場合では、比較的予約を取りやすいです。

 

・一回の施術で全身脱毛ができるサロン

  • 大体のサロンは全身脱毛の場合、施術の範囲が広いため何回か通う必要があります。
  • 見つけるのはなかなか簡単なことではありませんが、短期間で完了させるには大事なポイントです。

 

・短期間に通えるサロン

  • とにかく早く脱毛を終わらせたい!という場合、2ヶ月ごとや3ヶ月ごとでは遅すぎます。
  • それなりに次の施術の日数があかないサロンにしましょう。

 

以上の三つの特徴が、短期間で終えることの出来るサロンになります。

 

春頃に施術を始め、夏頃に終えたいといった急ぎの方は、サロンの選び方を間違えないようにしましょう。

 

 

おすすめの脱毛施術の時季

 

脱毛サロンの一番大変なところは、何回も通わなければいけないこと。

 

施術は一回で終わらないため、脱毛完了までに大体1年はかかってしまうので、やっぱり効果の高い脱毛サロンで、できる限り早く終わらせたいものです。

 

そこでポイントになるのが、脱毛施術をする時季です。

 

「そんなのいつでもいいんじゃね?」と思う方もい多いでしょうが、決してそんなわけではないんです。

 

いつ脱毛施術をした方が良いかというと「秋から冬」の時季にかけて脱毛するのがベストです。

 

この時季は必然的に肌の露出が少なくなるため、自己処理が減少し紫外線による肌の負担も軽減します。

 

実は、無駄毛の自己処理は毛周期を狂わせてしまうため、効率よくサロンで施術の効果を得ることができなくなってしまうのです。

 

紫外線のダメージを受けてしまい、乾燥肌などになった状態での施術も効果は半減してしまいます。

 

これらの理由から、脱毛施術は涼しくなる秋から冬の季節が最適なんですよ。

 

これからは春頃に焦って予約するのではなく、効果を得られやすい秋冬に通うようにしましょう。

 

 

レーザー脱毛の照射回数、完了期間について

 

レーザー脱毛を一度行ったからといって、それだけでムダ毛が生えなくなる訳ではありません。

 

ムダ毛の生えてくる周期に合わせて何度か施術を行わないと、脱毛効果が現われないので、脱毛が完了するまでには多少の期間が必要になってきます。

 

レーザー脱毛の場合では、一般的な施術回数は5回~6回といわれており、このくらい通えば普通は永久脱毛ができるようです。

 

これはあくまでも一般的な回数ですから、毛が濃い人や剛毛の人の場合は、これ以上の回数が必要になります。

 

そのため、人によっては10回前後施術を行う人もいるようなので、個人差があると思った方が良いでしょう。

 

また、ヒゲやワキといった毛が多く濃い部位だと、他の部位と比べて施術回数が多くなってしまいます。

 

それに、毛周期に合わせて脱毛を行うので、通常は2ヶ月~3ヶ月に1回ペースで通うことになります。

 

そうすると、脱毛を終えるまでに、約1年~2年かかる計算になるため、それを考慮して、脱毛プランを立てるようにしてください。

 

 

医療用レーザー脱毛の効果

 

新聞や雑誌の広告で「永久脱毛」という言葉がよく使われていますが、実際のところ本当に永久なのかどうか分からないという話を聞きます。

 

そこで、永久脱毛についてお話したいと思います。

 

本当に永久脱毛かを調べるためには、相当長い年月を費やさなければなりません。
アメリカの脱毛協会では、永久脱毛を定義づけています。

 

「最後の脱毛が終了してから1ヶ月経過した際に、毛の再生率が20%以下だった場合」を永久脱毛と定義しているようです。

 

したがって永久脱毛を行った場合、死ぬまで永久に毛が生えてこないのか?
と質問された場合、答えは「いいえ」になります。

 

このように定義づけられてはいますが、クリニックやエステサロンによっては、1ヶ月の部分が6ヶ月と定義されていたりしているのが実際のところです。

 

脱毛クリニックやサロンによって脱毛方法も異なり、永久脱毛に対する考えも様々だということになります。

 

必ずしも二度と毛が生えてこないわけではないので、「永久」脱毛と言われると言い過ぎな感じもしますが、脱毛の施術を受けていくうちに、やはり毛が生えてくる周期が長くなったり、生えてくる毛の量が少なくなってくることは間違いありません。

 

脱毛方法にもよりますが、それなりの脱毛効果は期待できると思います。

 

そんな中で、最も脱毛効果が高いといわれている脱毛方法が医療用のレーザー脱毛です。

 

光脱毛よりも出力が高いので多少の痛みを伴いますが、高い脱毛効果を実感したいのであれば、医療用のレーザー脱毛をおすすめします。

脱毛を短期間で終わらせるポイント

「脱毛はできる限り短期間で済ませたい」という方は、実に多いと思います。
では、全身脱毛を完了する期間はそれぞれどのくらいなのでしょうか。

 

まず、脱毛エステ。
おそらく脱毛エステは最も時間がかかります。
予約はなかなか取れませんし、脱毛機器も効果の弱い物ばかりです。
最低でも1年はかかってしまうでしょう。

 

次に家庭用脱毛器を使用した場合。
商品により異なってくるとは思いますが、良い脱毛器であればだいたい半年ほどで終える事が可能です。
毛周期に合わせて行えるので、効率的に脱毛できるでしょう。

 

次にクリニック。
クリニックで脱毛してもらうのが1番短期間で済ませられる方法でしょう。
強力なレーザーによる脱毛で、とても早く終えることが可能です。
しかし、ここで注意したいことがひとつ。
施術自体に時間はかかりませんが、予約をするまでに時間がかかってしまいがちです。
そこを考えると、脱毛完了までに長くて半年ほどになると思われます。

 

全身脱毛は部分脱毛よりも面倒ですが、女性であればとても必要なことです。
時間に余裕を持って全身脱毛をするようにしましょう。

 

 

サロンの脱毛は、通常6回~12回ほど施術に通わなければなりませんが、レーザー脱毛の方法を用いると、3回~5回ほどで完了させることができます。
短期間に脱毛の効果を得たいという方にとてもぴったりな脱毛方法ですね。

 

レーザー脱毛は毛の周期に合わせて行われ、だいたい2ヶ月に1回ほどになります。
また、得られる効果が高いだけにお値段もそれなりになってしまいます。
そのことは頭に入れておきましょう。
魅力的な効果の高さに飛びついて、後から思ってもみなかったほどの金額を請求されても何も言えません。

 

完全に脱毛をしなくても、毛の量を減らしたり、薄くしたいというのであればレーザー脱毛はおすすめしません。
それならば安価なフラッシュ法を用いたサロンに通うと良いでしょう。

 

金額は高くても、効果が高く簡単に済ませられる脱毛が良いという方は、1度レーザー脱毛をしてみてはいかがでしょう。

 

 

通常の施術期間よりも早く終えることが出来る脱毛サロンの特徴をご紹介します。

 

まず一つ目の特徴は「予約の取りやすい」サロンだということ。
人気のサロンだと、予約をしても何ヶ月か先になることがしばしばあります。
全国展開しているサロンだと、比較的予約を取りやすいです。

 

二つ目の特徴は「一回の施術で全身脱毛ができる」サロンだということ。
大体のサロンは全身脱毛の場合、施術の範囲が広いため何回か通う必要があります。
見つけるのはなかなか簡単なことではありませんが、短期間で完了させるには大事なポイントです。

 

三つ目の特徴は「短期間に通える」サロンだということ。
とにかく早く脱毛を終わらせたい!という場合、2ヶ月ごとや3ヶ月ごとでは遅すぎます。
それなりに次の施術の日数があかないサロンにしましょう。

 

以上の三つの特徴が、短期間で終えることの出来るサロンになります。
春頃に施術を始め、夏頃に終えたいといった急ぎの方は、サロンの選び方を間違えないようにしましょう。

 

 

本来時間をかけて行う脱毛を短期間で済ませるには、あるポイントがあるのです。
逆に言えば、このポイントを抑えていなければ短期間の脱毛は難しいので気をつけてくださいね。

 

あるポイントとは、「保湿」です。
実は、脱毛と保湿は切っても切り離せられない関係にあります。
保湿をしっかり行っていないと、いわゆる乾燥肌になりますよね。
乾燥肌は施術後、毛穴が開いた状態のため痛みや炎症を引き起こしやすく、酷い場合は脱毛をすることができない事態に陥ってしまうのです。

 

潤いを保った肌で脱毛をすると、施術の際の光が浸透しやすいため、より高い脱毛効果を得られます。
また、乾燥肌と違って痛みや炎症も起きにくいため、保湿をしていて損はありません。

 

「毎度の保湿ケアが面倒」と言って怠っていては、のちのち自分自身に返ってきます。
どれだけオシャレでスタイルが良いとしても、無駄毛を放置している女性は美しくありませんよね。
どれだけ安価なスキンケア商品でも構わないので、日々の保湿ケアを習慣にしましょう。

 

 

短期間で脱毛したいという方にオススメの脱毛サロンが銀座カラーです。

 

生まれたての赤ちゃんのようなモッチリとした肌を目指し、「休息と栄養」が大事ということで保湿に力を入れています。

 

休息とは、自己処理のいらないお肌。
自己処理は思いのほか、お肌に大きな負担をかけているのです。
その時の自身の肌の状態に合わせ、ぴったりの施術をしてくれます。

 

栄養とは、保湿のこと。
施術前と施術後にしっかり保湿をしてくれます。
保湿にここまで力を入れている脱毛サロンは他にありません。
脱毛サロンに通って少し心配なことといえば商品の購入を促されることですが、銀座カラーではそのようなことは一切ありません。

 

短期間の脱毛に保湿はとても重要なポイントですから、日頃からしっかりと保湿ケアを行うことですぐに赤ちゃん肌を手に入れることが出来るでしょう。

 

ただ、脱毛サロンの施術は長期に渡って行うことが通常ですから、「短期間の脱毛ができるから」とサロンに通うことを怠るようなことはしないでください。
万が一、放置してしまっていた時のみの最終手段としましょう。

 

 

脱毛ラボは全身脱毛をなんと1年で終えることが出来るのです。
月に2回通うことで、プロのスタッフが毛周期に合わせたぴったりの施術を行ってくれます。
そのため、肌に負担をかけない上により効果を得られやすいのです。

 

ですが、逆に脱毛ラボに向かない方もいます。
まず、忙しくて月に2回も通う暇がないという方。
継続して通えなければ意味がありません。
残念ながら脱毛ラボは向かないでしょう。

 

また、部分脱毛を希望する人も向きません。
脱毛ラボは全身脱毛に強く、部分脱毛ももちろんできますが、全身脱毛ほど高い効果は期待できません。
部分的に施術したいのであれば、他の脱毛サロンの方が良いでしょう。

 

面倒な全身脱毛も、脱毛ラボなら簡単に完了させることができます。
これから脱毛をする際は、ぜひ脱毛ラボに予約をしてください。

 

 

TBCはエステ業界の中でNo.1の技術を誇り、研究所も持っているほど。
大抵の脱毛サロンは安価に施術できるフラッシュ法を用いられているところがほとんどですが、TBCでは独自の「TBCスーパー&ライト脱毛」という方法で施術します。
広範囲に永久脱毛することができ、それにより短期間で確実に脱毛の効果を得ることが出来るのです。
TBC独自の方法ですから、ほかの脱毛サロンではどこを探してもありません。

 

また、研究所についてですが、持っているのはTBCのみになります。
そのため、他よりも効率的な脱毛方法を見出すことが出来たのです。
ちなみに研究所を持っていない脱毛サロンはというと、大体は市販の脱毛機器を使用しています。
脱毛自体の効果はもちろん期待できますが、施術後の肌や毛穴の状態がまるで違ってくるのです。

 

「効果的な脱毛をしたいけど、肌に負担をかけるのは嫌だ」「短期間で効果を得たい」という方にとてもおすすめの脱毛サロンです。

 

 

自己処理だと肌は傷つきますし、脱毛サロンは施術期間が長いため、忙しい方には不向きです。
やはり、短期間で高い脱毛効果が得られる方法が良いですよね。

 

では、短期間で終わらせられる方法は、どのようなものなのでしょう。

 

それは、「医療機関」による脱毛です。
エステの脱毛では「フラッシュ式脱毛」という方法を利用しており、一回の施術の効果はあまり高くはありません。
そのため、10回以上も通う必要があるのです。

 

それに対し、医療機関では「レーザー脱毛」という方法を利用しています。
照射面積は広くはないものの、そのぶん一度の施術で高い効果を得ることができます。

 

レーザー脱毛の他に針脱毛を行っているところもあり、その場合は永久脱毛になります。
毛穴に針を入れ、毛根に電気を流すことにより脱毛をします。
数ある中で最も効果の高い脱毛方法ですが、大きな痛みを感じることが難点。

 

どちらの方法にせよ、医療機関で脱毛をする場合は施術が4回~10回ほどで済みます。
年数にすると、約1年から2年といったところでしょう。
エステだとさらにもう1年かかってしまうので、短期間で終わらせたい人には医療機関での脱毛をおすすめします。
1回ごとの効果は薄くても、あまり痛みを感じない方が良いのならエステにすると良いです。
数年通うことになりますから、それぞれの特徴を踏まえてどちらを利用するかしっかり吟味しましょう。

 

 

やっぱり施術期間は短い方が良いですよね。
そこで今回は、短期間で終わらせることが出来る東京の脱毛エステサロンをランキング形式でご紹介しましょう。

 

まず第一位が「脱毛ラボ」。
通常、2?3年はかかってしまう施術を半年で終わらせることができます。
もちろん実力も申し分ありません。

 

第二位が「キレイモ」です。
キレイモでは1ヶ月に2回施術を受けることができるので、通常の施術期間の半分で終わらせることできます。
同時に美肌ケアをしてくれるのも人気の理由の一つ。

 

第三位が「エターナルラビリンス」です。
全身脱毛に特化したエステサロンで、独自の予約システムにより予約に手間取ることがありません。
人気の店舗だと予約が何ヶ月も先になってしまうことがあるため、これは大きなメリットでしょう。

 

第四位が「ミュゼプラチナム」です。
店舗数が業界No.1なので、通いやすいです。
店舗間での移動も可能なので、施術をスムーズに行うことができますよ。

 

東京にお住まいの方はぜひこのランキングを参考に、脱毛を短期間で終わらせませんか?

 

 

脱毛サロンって脱毛を完了するまでに結構な時間がかかるんですよね。
毛の周期に合わせて行っているので、仕方ないといえば仕方ないのですが。
また、脱毛サロンは予約が取りにくいという点もあります。
人気店であればあるほど、次の施術が4ヶ月先なんてこともあります。

 

でも、やはり脱毛はできる限り早めに終わらせたいですよね。
そこで、今回は早く施術を終わらせるための予約の入れ方をご紹介しましょう。

 

その予約の入れ方とは、脱毛施術したその日に次の予約を入れることです。
自分の都合の良い日時に予約を入れるには、他の人に予約を入れられる前にいれる必要があります。
「2ヶ月先の予定なんてわからない」ということでその日に予約を入れない人が多いですが、それはあまりにも勿体ない行為なのです。

 

脱毛サロンの予約は、仮でも良いのです。
確実に行ける日にちがわからなくても、とりあえず予約を入れておくことで調整しやすくなります。
元々予約が入っていれば、別の日にずらしてもらうことも可能でしょう。

 

最近は便利になったが故に、web予約や電話予約が人気ですが、それは次の施術を遅らせる原因となっているのです。

 

ちなみに予約の日程を変更しても、お金がかかることはないので安心してください。
これから脱毛施術の際は、その日に必ず仮の予約を入れるようにしましょう。

医療脱毛にかかる日数はどのくらい?

医療脱毛にかかる日数はどのくらいなのか気になりますよね。

 

それによって通うタイミングも変わってくるので、どのくらいの期間通えばいいのか知っておいた方がいいです。

 

一般的に一つの部位を終わらせるのに1年~1年半くらいかかるといわれています。

 

まず、毛の周期に合わせて通うことになるので、毎月通える訳ではありません。

 

一度施術をすると2ヶ月や3ヶ月間隔を空けることになるので、1年間にできる回数は多くても5~6回程度です。

 

最低でも4回や5回は施術をしないと綺麗にならないので、どうしても1年間程度はかかると思ってください。

 

1年と聞いて長いと感じた人もいるかもしれませんが、脱毛サロンの場合だともっと時間がかかります。

 

2ヶ月~3ヶ月間隔を空けるのは一緒ですが、1回の脱毛効果が弱いので医療脱毛並に綺麗にしたいのであれば、10回以上通わないと難しいです。

 

そうすると2年またはそれ以上時間がかかると思ってください。

 

そう考えると医療脱毛がどれだけ早く終わるのか分かると思います。

 

 

医療脱毛とは病院やクリニックで行っている脱毛のことです。

 

脱毛サロンの場合だと特別な資格が無くても施術ができますが、医療脱毛となると医師や看護師の資格がないと施術を行うことができません。

 

医療脱毛にも種類があり、主に以下の2つが採用されています。

  • ニードル脱毛
  • レーザー脱毛

 

ニードル脱毛とは電気針を毛穴に入れて、毛根を破壊するというものです。

 

昔はこの脱毛が主流でしたが、痛みが強く、肌への負担も大きいということもあって、現在はレーザー脱毛が主流になっています。

 

レーザー脱毛はレーザーで毛根を破壊するというものです。

 

ニードル脱毛よりは多少効果が劣ってしまいますが、痛みが小さいですし、肌への負担も少ないというメリットがあります。

 

火傷や肌荒れを起こすリスクが少ないこともあって、ニードル脱毛よりもレーザー脱毛を選ばれる人が多いです。

 

また、短時間で施術が終わるというのもレーザー脱毛の魅力だといっていいでしょう。

 

 

医療脱毛とエステ脱毛の違いは以下の通りです。

  • 脱毛効果
  • 安全面
  • 施術時間
  • 勧誘

 

医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは脱毛効果といっていいでしょう。

 

病院やクリニックでしか使用できない脱毛マシンで施術を行うので、当然エステ脱毛よりも効果があります。

 

エステ脱毛だと効果を実感できなかった人でも医療脱毛なら満足いく効果を得られるはずです。

 

特に毛深い人は脱毛効果が弱いと思ったような仕上がりにならないので、医療脱毛をされた方がいいでしょう。

 

安全面も異なり、医療脱毛の方が安心して脱毛できます。

 

医師や看護師が施術をしてくれるので、もし肌トラブルや火傷をした場合も適切な対応をしてもらえます。

 

施術時間はエステ脱毛の方が早いです。

 

エステ脱毛は脱毛効果が医療脱毛よりも劣ってしまう反面、一回にかかる施術時間が短いので、あっという間に終わります。

 

そして、医療脱毛だと勧誘されるケースは少ないですが、エステ脱毛となると高確率で勧誘されます。

 

 

永久脱毛を検討している人は多いと思います。

 

しかし、脱毛サロンに行っても永久脱毛はできません。

 

脱毛サロンでできるのは、あくまでもムダ毛の成長の抑制です。

 

ムダ毛が生えるのを遅くすることはできますが、生えなくするのは不可能だと考えてください。

 

そのため、もし永久脱毛を希望されるなら、医療脱毛しか方法はありません。

 

たまに永久脱毛を謳っている脱毛サロンもありますが、騙されないでください。

 

脱毛サロンでの医療脱毛は違法行為に該当します。

 

そして、医療脱毛をしたからといって、100パーセントムダ毛が生えてこないという訳でもありません。

 

残念ながら生えてくることはあります。

 

特に産毛の場合、普通の毛よりも効果が薄いので生えてくる可能性はあると思ってください。

 

また、肌の弱い人だと過度な脱毛は肌トラブルの原因になります。

 

永久脱毛をすれば、完璧にムダ毛を生えなくできると考えるよりもツルツル肌にできると考えた方がいいでしょう。

 

 

脱毛する時に気になってしまうのが費用ですよね?

 

費用が高いのであれば、脱毛したくてもできないので、みなさんどうしても気になるはずです。

 

そして、医療脱毛は費用が高いといわれていますが、これは間違っていません。

 

確かに医療脱毛はエステ脱毛と比較すると費用が高いです。

 

そのため、費用に強いこだわりがあるのであれば、医療脱毛ではなくてエステ脱毛を選ばれた方がいいでしょう。

 

では、医療脱毛とエステ脱毛ではどのくらい費用に差があるのでしょうか?

 

一般的に医療脱毛はエステ脱毛の2倍~3倍くらい高いといわれています。

 

全身脱毛をしたい場合、エステ脱毛だと10万円~20万円程度でできますが、医療脱毛だと30万円~50万円程度はかかります。

 

ワキ脱毛だとその差が顕著に表れ、エステ脱毛だと安ければ数百円でできますが、医療脱毛だと2万円以上はかかると考えた方がいいでしょう。

 

ただ、医療脱毛は費用が高い分、安全性が高い、脱毛効果が高いというメリットがあります。

 

 

医療脱毛は安全だといわれていますが、だからといって100パーセントリスクがない訳ではありません。

 

医療脱毛にも以下のようなリスクは存在します。

  • 火傷
  • ニキビや毛膿炎
  • 硬毛化や増毛化

 

エステ脱毛よりも強いパワーを用いて脱毛を行うため、火傷をするリスクがあります。

 

特に日焼けをしている肌にレーザーを照射してしまうと火傷をする可能性が高いので、日焼け対策は十分に行ってください。

 

医療脱毛をすることによってニキビや毛膿炎ができることもあります。

 

仮にできると2週間~3週間くらい治るのに時間がかかり、場合によっては跡になる可能性もあるので注意しないといけません。

 

また、稀に毛が太くなったり、毛が増えてしまうことがあります。

 

毛が太くなることを硬毛化、増えることを増毛化といいます。

 

医療脱毛に限らず、こういったリスクはエステ脱毛でも起こる可能性は十分あると思っていいでしょう。

 

リスクがないところは存在しませんが、危険を減らすためにも、少しでも評判がいいところで脱毛をしてください。

 

 

vio脱毛とはアンダーヘアの脱毛になります。

 

アンダーヘアは皮膚が薄い部分なので、刺激に弱く痛みを感じやすいです。

 

では、このvio脱毛も医療脱毛でできるのでしょうか?

 

結論からいうとできます。

 

デリケートな部分なので、医療脱毛だと刺激が強すぎてできないと思っている人もいるかもしれませんが、問題ありません。

 

しかも、医療脱毛の方がエステ脱毛よりも綺麗な仕上がりになります。

 

脱毛効果が高いのでアンダーヘアのような毛が多い場所には最適です。

 

5回から6回程度でツルツルの状態になります。

 

さらに医療脱毛であれば、自己処理をする必要がなくなるので、水着を着ることになっても前日に慌ててカミソリで処理するといった手間もないです。

 

好きな下着も自由に履けるようになるというのも大きなメリットです。

 

痛みは他の部位と比較すると多少大きくなるかもしれませんが、それでも我慢できないほどではないので安心してください。

 

また、トラブルがあっても医師がいるため心配する必要はないです。

 

 

医療脱毛は痛いとよくいわれていますが、本当なのでしょうか?

 

結論からいうと脱毛サロンよりは痛いです。

 

脱毛効果が高いので、脱毛サロンでよく使われている光脱毛よりは痛みは大きいと考えてください。

 

脱毛サロンだとほとんど無痛でできますが、医療脱毛の場合は輪ゴムで弾かれた程度の痛みを伴います。

 

そして、ニードル脱毛になるとそれ以上の痛みを伴うので、痛みに弱い人だと苦痛に感じるかもしれません。

 

痛みを少しでも和らげるためにもレーザー脱毛を選ばれた方がいいでしょう。

 

また、どこで医療脱毛をするのかによっても痛みの感じ具合は異なります。

 

同じ医療脱毛でも使用する機械や施術をする人によって痛みが大なり小なり違うので、病院やクリニック選びも重要になってきます。

 

基本的に実績が豊富なところや口コミの評判がいいところは痛みが小さいです。

 

痛みがあまりにも強いと通い続けるのが嫌になってしまうので、少しでも痛みが弱いところを見つけた方がいいでしょう。

短期間 脱毛完了させたいのなら、レーザー脱毛 短期間で完了。医療脱毛 短期間で完了。

ムダ毛の手入れは身だしなみとしても欠かせないものなのですが、まめな手入れが面倒になってムダ毛が生えている状態を外出先で発見してしまったという女性もいるものです。そんな心配もなくなるのが医療脱毛です。
脱毛施術は脱毛サロンでも受けることができますが、ムダ毛が減っても永久脱毛をすることはできません。さらに、二年から三年ほどの長期間にわたって通う必要があるので、途中で通うことが面倒になって断念してしまう女性も多いものです。医療脱毛 短期間で脱毛を完了することができるというメリットとともに、永久脱毛をすることができます。脱毛が完了してしまえば生えてくることがないので、もうムダ毛の手入れに惑わされることがありません。
医療脱毛は、レーザーを使用していることからレーザー脱毛とも呼ばれています。レーザー脱毛 短期間で完了する理由として、毛が生える組織をレーザーによって確実に破壊することができるからです。レーザーは、毛が生えるための指令を出す組織に作用させることができ、組織を壊してしまうことによって毛を作ることができません。施術後には一週間ほどかけてムダ毛を抜け落とさせていきますが、通常であれば抜けても生えることを繰り返している毛であっても生えてくることがありません。ただし、レーザーは成長期の毛にしか作用しない光でもあるので、休止期や退行期の毛には成長期に入ったころに再び施術を受ける必要があります。つまり、一回受けただけではその部位を完全に脱毛することはできないのですが、脱毛サロンの光脱毛よりははるかに短期間 脱毛することができます。人によっても部位によっても効果は違ってきますが、脱毛サロンの半分程度の回数でムダ毛が生えてこないことを実感している人も多いものです。
他にも、医療脱毛は病院でのみ受けることができることから医師がいる場である安心感もあります。肌がデリケートな人であっても、医師と相談しながら脱毛を進めることができます。

 

 日本でレーザー脱毛のブーム巻き起こしたのは、サイノシュア社のアレキサンドライトレーザーですが、この開発者がアメリカ在住で日系3世のフルモト博士です。アザ治療のレーザーの発明でも有名な物理学者です。
 白い肌の白人に使われる脱毛レーザーhルビーレーザーでした。しかし、ルビーレーザーで日本人の脱毛をすることは無理があるのです。日本人向けのレーザーをアメリカで開発したのが、フルモト博士です。
 黒いメラニンをターゲットにしたレーザー脱毛が、髪の色が同じ日系アメリカ人によってもたらされました。

 

レーザー脱毛理論

 レーザー脱毛理論で使われたのは、黒い色に反応するルビーレーザーでした。この黒い色というのは、皮膚で言うとメラニンに反応することになります。もともと黒いアザ(母斑細胞母斑、ホクロ、ソバカス、老人斑、扁平母斑など)の治療に使われてきたのがルビーレーザーで、治療中アザが消えるとともに、アザの上に生えていた毛も生えてこなくなってきたことがきっけになって、脱毛理論が正留津したとも言われています。
 レーザー照射によって皮下の黒い毛及び毛根部に熱が吸収されます。そのあとの放熱によって毛の製造工場とも言える、皮脂腺開口部や毛球部にも熱的損傷が与えられた結果、毛が生えなくなくなるわけです。
しかし、レーザー脱毛でも1回でムダ毛をすべてきれいに毛根からなくすことはできません。

 

ムダ毛をきれいになくす効率的な方法

 1回のレーザー照射で、ムダ毛がきれいにならない理由の大きな原因に、毛周期の問題があります。
レーザー照射は剃毛したあと、皮膚の表面には作用しないレーザーがメラニンに作用して、毛根にダメージを与えるますが、この場合、表皮に生えていたのは、本来あるべき毛の全体像の3分の1に過ぎません。
 あとの毛は、毛根自体が眠っている休止状態か、退行期と言って成長し終わった毛が抜け落ちたばかりの状態です。
このような毛根の場合、表皮から5ミリほどの深さのメラニンまで作用するはずのレーザーも太刀打ちできなくなります。
通常、れーざーを1回照射後の毛の再生率は50~60%、2回目の照射で20~30%。.、3回目の照射後は10%ほどだというデーターがあります。
つまり、1回目の照射ではどんなに多く見積もっても全体の毛根の半分しかダメージを受けないことになります。
 休止期や退行期の毛根が大きな理由とすると、考えられる小さな理由は、たいへん打たれ強い毛根の存在とレーザーの打ち漏らしといったことがあります。

 

 レーザーで脱毛する時の最大のリスクにヤケドがあります。レーザーを当てると一時的に皮下に5ミリぐらいの深さのメラニンのある場所の温度が上がって、毛根がダメージを受けるわけですが、そのとき、肌質によってはヤケドを起こしてしまう可能性があります。
 また、レーザーの出力レベルが高ければそれだけ高い放熱のために毛根周辺もダメージを受けるのですが、当然、ヤケドの可能性が高まることになります。

 

レーザー照射の痛みについて

最近では痛くないレーザー脱毛も登場しているようですが、クリニックではあまり痛がらない人もいれば、ものすごく痛がる人もいます。痛みに対する感じ方は個人差がありますし、また同一人物でもレーザーの出力レベルが高ければ、脱毛効果が上がる反面、痛さも増します。痛いのがどうしても我慢できなければ、塗る麻酔薬やレーザー照射30分前に貼っておく麻酔薬もあります。
 しかしながら、麻酔をしてまで、完全に痛みの感覚をなくしてしまうのは、おすすめできません。なぜなら、人間の皮膚感覚はヤケドを事前回避するパロメーターのようなもので、痛いのはヤケドをする可能性があるというシグナルでもあります。

レ―ザー脱毛する前に知っておきたい5つのこと

信頼できるクリニックを見つけよう

:日本医学脱毛協会の会員であること
これは、ひとつの目安です。必ず会員である必要はないし、会員以外でも勉強熱心で親身に相談にのってくれるクリニックもあります。
どのクリニック行こうか悩んでしまうようなら、日本医学協会に相談してはいかがですか?自宅や勤務先から通いやすいクリニックを紹介してくれます

 

:カウンセリングは医師がていねいに行っているか
 レーザー照射後、肌にトラブルが起きた場合にどのようなケアをしてくれるのかなど、気になることは事前に整理をしていくのがベスト。すべての質問にきちんと答えてくれるクリニックなら、安心して通うことができるはずです。

 

:必ずテスト照射を受けること
 テスト照射もせずに、いきなりレーザー脱毛を照射するようなクリニックは問題外です。テスト照射をぢなかったために、水泡ができたり色素沈着を起こしてしまっては、悔やんでも悔やみきれません。自分の肌をキレイにするために行うのですがら、そのための大切なステップを飛ばしてしまってはダメ。もし、医師に断られたら、そのクリニックで脱毛するのはやめた方がようでしょう。
 テスト照射は、無料で行っているクリニックと有料で行っているクリニックがあるので事前に確認してください。

 

:料金システムが明瞭であること
 レーザー脱毛をして、ムダ毛のないツルツルでキレイな肌を手に入れることも大切だけど、それと同じくらい気になるのが料金のこと。
 最初に、まとめて何十万円を支払ってくださいというようなクリニックは、レーザー脱毛のシステムをわかっていないか、わかっていてもお金儲けしか考えていないか、どちらにしても患者さんのことを親身になって考えているとは思えません。

 

レーザー脱毛できない部位・向かない状態

 レーザーはメラニンをt-ゲットにしているので、色素沈着g4濃い部位や濃いシミ、アザ、盛り上げっているホクロには照射できない場合もあります。これらの部位にレーザーを照射しても大丈夫かは、スキンチェックの際に医師が判断します。

 

 例えば、乳首の周辺や性器に近い部分、肛門周辺は色素沈着が濃く、レーザーには不向き。このような部位は敏感な部分でもあるので、麻酔が使用できる電気 脱毛で1本ずつ確実に脱毛するのがよいでしょう。
 色素沈着が薄いシミ、アザ、ソバカス、ホクロなどは、レーザー脱毛をすることによってキレイになくなることがあります。顔の場合には、少し色白になったような印象を受けることもあり、女性にはうれしい効果が期待できます。
 また、脱毛に向かないのは日焼けをしている肌は、メラニンが増えている状態、そうすると、肌表面の表皮でレーザーが反応してしまい、毛根を破壊するという本来の目的がとげられません。それどころか、やヤケドをしてしまう可能性もあるんです。

 

実際にあった例をお話します。
 1ヶ月前にハワイへ旅行に行き、日焼けをした肌の色が冷めてきて元通りになったので、レーザー脱毛を受けました。ところが、ひどいヤケドになってしまったのです。
なぜこのようんことが起きたかというと、hだの表面の色が冷めても皮下の基底層では、メラニンが増え続けているからです。

 

メラニン細胞は、基底層、つまり皮膚の深いところで作られているものです。本来、毛を伝わり毛根部に達するはずのレーザーが周辺に増殖したメラニンに反応してしまい、ヤケドといった症状を引き起こしてしまうのです。

 

 メラニンにも、毛と同じように周期があり、完全に元の状態に戻るまでには時間が必要です。メラニンの増殖は皮下で起こっており、皮膚を見ただけでは判断できません。ですから、日本医学脱毛協会では、日焼けをしてから3ヶ月を目安にしています。もちろんメラニンの周期にも個人差がありますが、3ヶ月という期間をとれば安心してレーザー脱毛をすることができます。

 

 最近よく目にするレーザー脱毛に産毛もOKといった広告を見かけますが、ウブ毛の脱毛は難しいという意見が多いです。
産毛はごく細い毛でメラニンの含有量も少なく、毛根を破壊するだけのレーザーの熱をため込むことができないようです。

 

レーザーのエネルギーの蓄積は太い毛ほど有効なのです。

 

以上のことから、白い肌に生えている濃い毛ほどレーザー脱毛の効果が高く、産毛は何度か照射を繰り返しても満足のいく結果にならない可能性もあります。
 また、妊娠中の方は脱毛を控えた方がよいでしょう。出産後、2か月ぐらいたってからの脱毛をおすすめします。

 

効果的な脱毛サイクルについて

 脱毛サイクルを考える上で、キーワードになるのが「毛周期」です。皮膚表面に出ている毛には、伸びている途中の「成長期」と、成長して抜け落ちるまでの「退行期」の毛があり、皮下で休んでいる毛を「休止期」を言います。
 成長期、退行期、旧式という毛の生まれ変わるサイクルを「毛周期」と呼びます。レーザーは、成長期と退行期の毛に対して作用します。休止期の毛にはメラニン組織がなく、レーザーを照射しても効果がありません。ということは、1回目の施術の後、休止期を終え成長期に入った毛を再度、レーザー照射する必要があるわけです。

 

ワキのレーザー脱毛で説明しましょう。
 ワキの毛は、いちばん長いもので約2センチです。そして、1日に約0.2センチ伸びます。ということは、毛が伸びるまでに約100日間かかるという計算になります。
休止期は、毛が伸びる期間とほぼ同じぐらいだと考えられ、ワキの場合だと、約100日というサイクルで毛が生え変わることになります。
100日というのはだいたい3ヶ月なので、1回目の照射をしてから3ヶ月以上たって2回目をうと、休止期を終えて生えてきた毛が、また休止期に入ってしまうことになります。
 これらをトータル的に考えると、少なくとも2ヶ月に1回の割合でレーザーを照射するのが、最も効果的な脱毛サイクルということになります。
このように、毛周期、毛量、毛質を考慮すれば、確実な脱毛が出来ると言えます。
 ちなみに、手足の毛は、成長期が3~6ヶ月、陰毛は1~2年というように、毛周期は部位によって違います。休止期はほぼ同じ期間と考えると、陰毛の処理には長い時間がかかるのがお分かりいただけるでしょう。

 

料金と回数

 個人差のあるムダ毛の脱毛は、料金と回数に差が出ます。売りにっくによっても料金システムや料金設定が違うため、一概に何回でいくら、ということができません。
それでも、ある程度の目安を目安を知りたいのが正直な気持ちでしょう。ここでは、一般的な料金システムと日本医学脱毛協会が示しているおおよその料金と回数を紹介します。料金設定の仕方は大まかに言って2通りの方法があるようです。

 

まず、最もおおくみられるのは回数を積み重ねるごとに料金が安くなっていく。ただしこの場合は初回の料金が多くなる傾向があります。

 

 レーザーの理論から言うと、発毛初期の毛は実際に皮膚の表面には出ていませんが、毛の再生は始まっているので効果があること。また、毛周期のかんっ系で2回目の照射時の毛根は1回目の毛根とは違うことが考えられるので、照射部位は、毛根周辺だけでなく、まんべんなく照射することが最善です。
以上のことを考えると、最初の数回は同額の方が合理的な気がします。

 

どちらにしても、ドクターとよく相談して決めることが大切です。
料金と回数については、、カウンセリングに行くと、どの程度の回数が必要なのかを医師が教えてくれます。そして、より具体的な料金がわかります

 

脱毛直後の注意事項
  1. 脱毛後、1週間は直射日光を避ける
  2. 脱毛当日の、サウナや入浴はNG。シャワーで汗を流す程度に。
  3. ごくまれに、4~5日後にかゆみを感じることがあります。遠方から通っているなら、脱毛当日にかゆみ止めをもらっておくと安心です。かゆいからといって掻いてしまうと、皮膚炎をおこし、色素沈着してしまう可能性があるので注意
  4. 赤みや腫れが7日以上たってもひかない場合は、医師に相談を

 

レーザー脱毛シュミレーション

 

電話やネットで予約
 レーザー脱毛にちょっとでも興味があるなら、カウンセリングだけでも受けてみることを強くお勧めします。
まず、カウンセリングの日時を電話で予約しましょう。カウンセリング当日は、医師による説明とスキンチェック、テスト照射などを行います。
当日に用意していくものはありません。ただしひとつだけ注意事項があります。
スキンチェックではできるだけ正確な毛量を知る必要があります。そのため、カウンセリングを受ける1ヶ月ぐらい前から、目貫による自己処理をストップして下さい。
また、エステサロンでだ脱毛を受けていた人は1ヶ月ぐらい期間をおいてからカウンセリングに来ましょう。
 その間、自己処理が全くできないかというと、そうではありません。カミソリでムダ毛を剃るのはOKです。しかし、これも2~3日前にはストップし、多少、毛が伸びた状態でないと、その人の毛質や毛量が把握しづらいので、2,3日だけ4我慢してください。

 

カウンセリング
 レーザー脱毛に関する疑問や不安を拭い去るのがカウンセリングの一番の目的です。自分が納得できるまで、医師の説明を求めるのは当然の権利と心得て、どんどん質問をしましょう。
この時きちんと質問に答えてくれないなど、医師や看護師を信頼できない状態では、途中でだ脱毛に通うのが嫌になってしまうかもしれません。
 レーザー脱毛に興味がある、ムダ毛に関する悩みを抱えている、脱毛をする理由は人それぞれですが、自分の気持ちをしっかり受け止めてくれるクリニックに通いたいものです。
 カウンセリングを受けるのが第一の目的とすれば、自分の目でクリニックを採点するのが第二の目的。それぐらいの気持ちで出かけましょう。

 

スキンチェック
 カウンセリングと同時に行うスキンチェック(皮膚診断)では、肌の色や状態、毛質、毛量を診断します。この診断は、医師と患者それぞれに重要な情報を与えてくれます。
まず医師の立場で考えると、肌のメラニンの量を調べることで、その人に合ったレーザーの出力レベルを知ることができます。
さらに、出力レベルと毛質、毛量を総合的に判断して、おおよその料金と回数を患者さんに伝えることができます。
わたしたち患者の立場からは、ムダ毛を無くすのと同じくらいに気になる両委員と回数を知ることで、施術を受けるかどうかの大切な判断材料がひとつ増えるわけです。
無理なく通える回数か、無理なく支払える料金かを十分に検討しましょう。

 

テスト照射
 脱毛したい部位の目立たないところで、テスト照射をします。これが最後の判断材料でもあり、不安な気持ちを解消する最終的なステップです。
レーザー脱毛を初めて経験する人にとって、痛みと照射後の肌の状態は気になることのひとつでしょう。カウンセリングで説明を聞いても、まだ不安な気持ちが残っているのは事実。それならば、百聞は一見に如かず。自分で体験するのがいちばん確実です。
 希望者には、テスト照射後に脱毛を開始しますが、通常はテスト照射をして1回目のクリニック訪問は終了です。
カウンセリングで聞いたこと、料金、回数、そして実際に体験した痛みとその後の肌の状態。これらをトータル的に考えれば、レーザー脱毛をするかしないかしないか、答えはきっとでるはずです。
 たった1回クリニックに足を運ぶだけで、こんなにたくさんのことがわかります。

 

レーザー脱毛開始

 レーザー脱毛を受けようと決めたら、まず、談話やネットで日時を予約。いよいよ当日になったら次のことに注意しましょう。
脱毛後は直射日光を避ける必要があるので、腕やヒザ下を脱毛する場合は長袖、長ズボン、ロングスカートなどを。顔ならば、帽子を用意して出かけましょう。
一般的な当日の流れは、ムダ毛を剃る⇒メラニンの量をチェック⇒レーザー照射⇒皮膚の状態を見る⇒念のため消炎剤を塗る⇒次回の予約をする⇒帰宅。
部位によって異なりますが、クリニックにいる時間は、だいたい1時間~1時間ぐらいです。

 

 

アフターケア

 レーザー照射後には、いくつか注意すべきことがあります。肌のトラブルを起こさないようにするためにも、医師の指示を守り次の2点に気をつけてください。
レーザーを照射してから、1週間ぐらいは直射日光を避けるようにしましょう。
外出するときは、紫外線防止効果のあるクリームを塗ったり、肌の露出をできるだけ押させたファッションで出かけるように心がけてください。

 

当日のみ入浴は避けて、シャワーで汗を流す程度に。
タオルで体をゴシゴシと洗うのも皮膚への刺激となるので、当日はやめておいたほうがよいでしょう。2日目以降は、普通に入浴して大丈夫です。